logo

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャは、ITであるか否かにかかわらず、、「プロセス指向」の開発要求を実行に移す課題にますます直面しています。これらは、その開発要求の発生源である事業および業務をビジネス中心のプロセスモデルとして捉え理解することから始まります。プロセスモデラーは、そのプロジェクトマネージャの任に当たるあなたに完璧なソリューションを提供します。

  • ビジネス要求を完全に、しかも分かりやすくまとめるには、ビジネスプロセス文書がプロジェクト管理で最も重要な基礎となります。 プロセスモデラーを使用して作成されたビジネスプロセスは、任意の文書、テキスト、グラフィックス等を含めるか、あるいはモデルにリンクするかして、簡単に文書化されます。
  • ビジネスプロセスは、下流のプロセス自動化や組織内へのプロセス適用に不可欠な図表や重要な情報で充実させることができます。 プロセスモデラーは、BPMN図に記述したいかなる要素の属性も保存可能にします。強力なレポート機能を使用すると、保存されたすべてのデータからExcel レポートを作成することができます。
  • ビジネスプロセスに関係する組織は、常にプロセスの流れと直交する関係にあります。これは、プロセスが階層や企業構造に関係なく、組織を横断して実行されることを意味します。 プロセスモデラーは、あなたの組織や役割をデータベース内に保存可能にします。ですから、これらの組織モデルは、 BPMNプロセスモデルに直接リンクすることができます。例えば、BPMNのレーンに役割を直接リンクすることができます。役割から組織モデルをたどると、最終的にはヒューマンリソースに結び付けられます。
  • プロセスモデラーは、MS オフィスと緊密に統合しているため、学習曲線は非常にフラットで、ユーザーの快適性は期待通り高いです。そして、さらに使い勝手を向上させる多くの拡張機能が追加されています。 プロセスモデラーは、プロジェクトのニーズに応じ柔軟にその適用範囲を拡大・縮小できるツールです。プロセスモデラーは、フル機能をユーザーに提供していますが、その拡張が極めて容易です。中央のチームリポジトリは、プロジェクトマネージャが体系的に組織化された秩序のもとで一緒に仕事を進める際の布石になります。
  • プロジェクトマネージャは、ITであるか否かにかかわらず、標準はプロジェクトの長期的な経済性を確保するための唯一の方法です。さらに、標準は将来に亘ってベンダー依存度を極小化し、保守コストの低減につながります。 プロセスモデラーは、BPMN 2.0、BPMNの「メソッド&スタイル」規則、または特定の実行環境(たとえば、BPMN 2.0 XML、XPDL、BPELおよびXLANG /s が稼働する環境)の標準への準拠を確保している点では、首位を走るツールです。
  • Microsoft Officeの使い方が近頃の授業で教えられているという単純な事実から、プロセスモデラーを使用するモデラーの学習曲線は、かなりフラットです。 プロセスモデラーは、BPMNのリーディング・トレーニングサイトである BPMessentials.com の選定ツールです 。このトレーニングは、"BPMN Method & Style(Bruce Silver氏2011著)" ブックで定義された「メソッド&スタイル」のアプローチを基礎にしています。 BPMN Method & Style のトレーニングは、私たちの姉妹会社 ITpearls AG がドイツ語圏で独占的に実施しています。 登録および詳細についてはここをクリックしてください。

製品機能

製品パンフレット